下総精神医療センター

看護部長挨拶・理念・活動方針

ご挨拶

下総精神医療センター看護部は、緑に囲まれた自然豊かな環境の中で、精神科急性期・慢性期・回復期までの様々な段階の精神的な健康問題を抱える患者さんに、精神科看護の専門的知識・技術を用いて、その人らしさを取り戻せるよう、他職種と協働して看護を提供しています。当院の看護の対象は入院中の患者さんに留まらず、アウトリーチ(在宅精神障碍者の生活を多職種チームによる訪問などで積極的に支えること)にも力を入れており、地域で生活している方を対象にした訪問看護・ディケアにも積極的に取り組んでいます。
精神疾患患者が増加傾向にある現代社会のなかで、患者さんが安全に安心して生活していくことが実現するように、また、地域の方々の期待に応えられる病院になるように努力していきたいと思っております。
当院の看護師として誇りを持ち、看護について学び培ってきた看護観・倫理観を大切に「ひとのこころに寄り添う看護」を展開していきます。

看護部長 六ツ見 しのぶ

看護部の理念 理念

私たちは、ひとのこころに寄り添う看護を実践します。

看護部の活動方針

1.患者さんの人権を尊重し、患者さん中心の看護を実践します。
2.安全、安心、信頼される質の高い看護を提供します。
3.看護師としての責務を常に自覚し、自らを向上させるよう努めます。
4.病院の理念に基づき、病院組織の一員としてその責務を遂行します。

看護情報にもどる
ページのトップへ戻る