下総精神医療センター

看護なう

 ■ 2019年

2018年以前の看護なうはコチラ

2019年9月吉日
CVPPP連絡会議 委員長 江幡節子

皆さん、CVPPPをご存知でしょうか?
「包括的暴力防止プログラム:Comprehensive Violence Prevention and Protection Programme」略してCVPPP(シーブイトリプルピー)と呼ばれている暴力マネジメント法です。精神科医療の現場で発生する患者からの暴力の予防及び防止をするためのプログラムです。
全国各地で研修会も開かれ、インストラクターやトレーナーも多数活躍をしています。
当院でも年2回研修会を開催し、院内トレーナーが毎年10名程誕生しています。現在ではインストラクター1名、トレーナー51名になりました。そこで、インストラクターやトレーナーが暴力防止に取り組む話し合いの場として、CVPPP連絡会議が発足しました。
この会議では院内で発生した暴力についての話し合いや、職員へのサポート方法の検討をしています。また、各病棟での暴力防止に関する取り組みの発表や研修会の運営についての話し合いも行っています。

7月に開催した研修会(院内対象)の写真です。
image01
4日間の研修を受講し、トレーナーの認定証を授与されました。
今年度の新採用者から看護師長まで幅広い年代の研修生が、同じ内容の研修に取り組み、話し合い協力し合っている真剣な姿は、指導する側にとっても良い刺激となりました。
今後も、CVPPPを普及させ、患者・職員共に安心で安全な医療の提供に取り組んでいきたいと思います。

看護情報にもどる
ページのトップへ戻る